健全な身体に、健全な魂は宿る。    お楽しみ下さい。

トークンセール開催!Immutable X(IMX)の情報収集結果・総論

第一のプラットフォーム

「健康×資産×時間」全てが揃って“真諦の幸せ”です。
寿命が延びる健康型プラットフォームへ


Crypto Otaku

~クローズコミュニティ~
Crypto Otaku DAOの詳細はこちらから


Crypto Otaku DAOへのパスポート
Crypto Otaku NFTはこちらから


まず始めに

こちらの記事は…

コインリストのトークンセールのImmutable X(IMX)の情報収集結果・総論を知りたい方へのコンテンツです。


リサーチした結果、Immutable X(IMX)の将来はかなり期待できます、トークンセールは日本時間の9月9日AM:200から開催されます。

この記事は1分30秒で読めるワン


情報収集結果

まずは

情報収集結果を見ていきます

①イーサリアムのセカンドレイヤー。

②NFT市場でイーサリアム初のレイヤー2。

③総発行数は20億枚。

④ガス代が0。

⑤1秒あたり9,000TPS。

⑥コインベースとFTXとHuobiが出資。

⑦オープンシーが対応。


楽観的シミュレーション

上記の情報で

楽観的にシミュレーションを立ててみます


イーサリアムのセカンドレイヤーなので、

イーサ経済圏から100%お金が流れてきます。


イーサリアムで NFTを扱う

最初の「レイヤー2」プロトコル

というのがキャッチコピーです。


今までの歴史を振り返ると、

3番手、4番手までいくと

大体飽きられて流行りませんが、

1番手や2番手は良く売れる歴史があります。


総発行枚数は20億枚なので、少ない方です。


需要が上がれば1枚1枚の単価の価値が

爆発的に上がります


トークンセールは1枚約1000円で

売られているので、

単純計算で時価総額は2兆円になります

伸びしろはあります。


ガス代が0円(Immutable社が負担)なので、

需要は上がり、NFTが活発の今、売れます

1秒あたり9,000TPSは

今のコインの中では早い方です

ビットコインは6~8TPSで、

イーサリアムは13~15TPSです。


取引所ナンバー2のコインベースと

ナンバー3のHuobiと今注目されているFTXの

超有望な企業が揃いも揃って出資しています。


世界で一番NFTの規模が大きい

NFTマーケットプレイスの

オープンシーに対応します


悲観的シミュレーション

次に上記の情報で

悲観的にシミュレーションを立ててみます


イーサリアムのセカンドレイヤーなので、

ソラナやポリゴン、ADAコインが

DeFiやNFTの市場を取ったら

お金は流れて来ません。
(ERC-20で互換性はある)


イーサリアムでNFTを扱う

最初の「レイヤー2」プロトコル

というのがキャッチコピーですが、

今までの歴史を振り返ると、

期待値が高い分、事実で売られ事が多いです


総発行枚数が20億枚なので少なく、

1枚1枚の単価が高くなってしまう可能性が有り、

枚数が取れないので、

ステーキングの利率は悪いです。


ガス代が0円(Immutable社が負担)ですが、

調べた限りでは、

原理原則が明確ではありません

1秒あたり9,000TPSですが、

ソラナやイーサリアム2.0の方が圧倒的に早いです。

ソラナは50,000TPSで

イーサリアム2.0 は100,000TPSです



取引所ナンバー2のコインベースと

ナンバー3のHuobiと

今注目されているFTXが出資しているので、

上場した時の売り圧力が強くなります。


世界で一番NFTの規模が大きい

NFTマーケットプレイスの


オープンシーに対応しますが

これから先もNFTマーケットで

オープンシーが一番とは限りません


現実的シミュレーション

最後に、

現実的シミュレーションを立ててみます


今コインの価格が上がっているのはほとんど、

イーサリアムに互換性を持たせた

(EVMを実装させてる)コインです。


イーサ経済圏に

今は圧倒的に資金が集まっているので、

まだまだイーサ経済圏は育ち、

イーサ経済圏へのお金の流れは

変わらないと思います


その中でも特に今まだ始まりにすぎない

NFTとDeFi関連のコインにに資金は流れてます


イーサリアムでNFTを扱う最初の

「レイヤー2」プロトコルという事で

話題性があり、一番手です。


投資家心理から考えると、

人気が高まり買いが集中して

価格が上がる可能性の方が高いです



総発行枚数が20億枚

トークン価格から計算すると、

時価総額は約2兆円。

コインマーケットキャンプの順位で見ると、

15位(現段階で)。


市場の吸収金額、資金規模から考えると、

まだ伸びると推測できます


ガス代(手数料)が0円

原理原則、継続性には注意が必要ですが、

ユーザーは

オペレーティングコストが掛からないクリプト

に流れていくので、

ガス代(手数料)が0円 は非常に魅力的で、

ユーザーが集まりやすいです


1秒あたり9,000TPSは

今の仮想通貨市場の中では圧倒的に早いです

ソラナやイーサリアム2.0は

更にその上を主張していますが、

実際の数字が本当に機能してるかは不明です。


ソラナの場合だと

1秒間で

50,000回のトランザクション(取引、送金)が

できると主張していますが、

実際に目の前で

1秒間に50,000回のトランザクションを

処理したのを確認した人は居ません



プログラム上の推論の数字でしかないので、

数字を盛ってる可能性は十分にあります。

もちろんこれは他のコインにも言えます。

要するに 1秒あたり9,000TPSなら十分と言えます


取引所ナンバー2のコインベースと

ナンバー3のHuobi、

今注目されているFTXの

超有望な企業が揃いも揃って出資しているので、

私達より(トークンセールより)

圧倒的に早く安く購入しているので

上場した時の売り圧力は

一時的にあると予測できますが


短期的に見る人は上場した時に

売ってしまえばいいし

長期的に見る人は、

売らないで

バイアンドホールドしとけば


大局観では需要が勝るので、

価格が上昇する可能性の方が高いと推測できます。



世界で一番NFTの規模がでかい

NFTマーケットプレイスのオープンシー

取引額が月間3,000億円を突破しました

(メルカリは年間で9,000億円)

飛ぶ鳥を落とす勢いで伸びているので、

このままいけば年間で取引額は

兆を超える可能性があります。

そのオープンシーに対応する

Immutable X(IMX)は

需要が無いとは到底言えません



総論

以上の理由で、

私はトークンセールに応募しました


恐らく人気がありますので、

抽選にはなると思いますが、

当たったら資産が増える可能性の方が

圧倒的に高いと思います


上記からコインリストに登録して頂けると

私も10ドル分のBTCを貰えて、

登録して頂いた方も10ドル分のBTC貰えますので、


デメリットや損はなく、

ただただお得な話です


この記事から

何か学びがあった!

と言う暖かい気持ちを頂けたなら、

上記から登録して頂けると

発信者としては光栄な限りです



※上記のコインリスト登録ボタンを

押した後の登録手順は

こちらの動画で分かりやすく説明していますので、

どうぞ、ご視聴しながらご登録下さい

https://www.youtube.com/watch?v=v51b4u_QSYE&t=16s


常に最新の情報をブラッシュアップする。
>お金には「価値の保存」「価値の変換」「価値の尺度」の3つの機能がある。

お金には「価値の保存」「価値の変換」「価値の尺度」の3つの機能がある。

今多くの人が「自分の将来はどうなるのか」という不安を感じています。ここでの不安とはお金が足らなくなる事への不安です。老後にはちゃんと年金をもらえるのか、もらえたとしてもそのお金だけで死ぬまで十分に暮らしていけるのか、多くの人がそんな不安にさいなまれるようになっていますが、今現代でその悩みの解決策を国や会社に求めるのはナンセンスです。勤続年数に応じて給料が上がり、企業が定年まで難なく面倒を見てくれる時代は近い将来に終わりを告げますので、お金の不安はなるべく早い段階で解決しておかなければいけません。日本が低成長の時代に入ったのはもう何十年も昔の事です。大事なのは今ここで危機感を持つ事です。私は危機感を持つ事こそが行動する為のスタートラインだと思っています。このままお金の不安を放置していたら、「未来の自分は死んでしまう」と考えるのが正しい心構えです。表面化した自分の脆弱性を今こそ潰しておき、将来に備えることが大切なのです。 私達は「愛情」と「健康」と「お金」の3つのカテゴリーが全て揃って“真諦の幸せ”です。今すぐ行動を開始しなければ、全ての想いは全て夢物語で終わります。“真諦の幸せ”を掴むために。