健全な身体に、健全な魂は宿る。    お楽しみ下さい。

日本の取引所だけではもう勝てない!海外の取引所を活用しなければいけない3つの理由

第一のプラットフォーム

「健康×資産×時間」全てが揃って“真諦の幸せ”です。
寿命が延びる健康型プラットフォームへ

TOTAL COORDINATOR  〜3次元に降りた光の天使たち〜

日常的にクーラーや涼しい場所で、冷たい飲み物を飲んでいる方は常に体温が下がっているので、徐々に徐々に爬虫類的のような顔や…


Crypto Otaku

~クローズコミュニティ~
Crypto Otaku DAOの詳細はこちらから


Crypto Otaku DAOへのパスポート
Crypto Otaku NFTはこちらから


まず始めに

こちらの記事は…

現在は海外の取引所を活用しなければいけない3つの理由を知りたい方へのコンテンツです。


日本の取引所だけではもう勝てません。2017年のバブル期とは根底が全く違います。

この記事は1分で読めるワン


今回は米国が主軸

前回の2017年の仮想通貨バブル(通称 出川組)は、日本と中国が主軸でしたが、今回は米国が主軸です。

つまり前回とは根底が全く違います


個人や大企業も含め、そこに気付いた人達から順に仮想通貨市場に参入してきます

事実ベースで言うと、Coinbase(コインベース)も、伝統金融であるNASDAQ(ナスダック)に上場したり、日本一、時価総額が大きいトヨタの4倍もある大企業のテスラが、ビットコインを購入したり、(結局、BTC決済も再開する予定)政府や国家も銀行もブロックチェーン技術を使った、CBDC(セントラルバンクデジタルカレンシーを作ってキャッシュレスデジタル経済との融合を進めています

伝統金融システム(銀行)の問題を解決

LP(流動性提供者)に対して現在の伝統金融システム(銀行)は、流動性を提供してる人達(預金してる人達)に対して 、無駄なコスト(仲介コスト)がかかり、リターンや報酬を払えてません。

この問題がDeFi(分散型金融)の根底にあり大前提です


仮想通貨の仕組みで、無駄なコスト構造を排除して(卸の中抜き)透明性がある形で、

きちんと流動性提供者に返していこう。

DeFi(分散型金融) は、伝統金融システム(銀行)の問題を解決し流動性提供者が報われる世界を作り上げました

要するに、前回と根底が全く違うんです。

3年前の仮想通貨は子供のおもちゃでしたが、今はその子供のおもちゃを大人が取り上げたイメージです。

これは余談ですが、新政権下で新しくSEC長官に就任したGary Gensler氏はそのDeFi(分散型金融)を
9月21日のワシントンポストが主催するイベントで、

DeFiとは分散化の皮を被ったワイルドキャット・バンキング(野良猫金融)のようなもの。

と発言されています。笑

米国のITの技術力が桁違の理由

今回の仮想通貨は米国が主軸ですが、GoogleやApple、Facebook、Twitterが何故強いのかと言うと、それは研究開発費に莫大な資金を使っているからです。

実は研究室開発費にお金を使わないと、今は時代(トレンド)に気付けないんです

更に無駄(研究開発費)が少ない企業や個人は成長しません

GoogleがYouTubeを買収したのは有名ですが、その理由はGoogleがそもそも動画サービスをやって失敗していたからです

Googleは色んなサービスをやって撤退しています。

Google含め、GAFAM(ガーファム)は 研究開発費を使って、色んな分野でトライアンドエラー(膨大な知的錯誤をしてるからその中で 、

何を買収しなきゃいけないか?

良く分かってるんです。


その為、常に準備ができていて、必要な企業、脅威になる企業を定期的に買収してるんです。

事実ベースで、研究開発費が多い企業は営業益が増益しています

よって、富のサイクル(研究開発費⇔増益)が回ります

その結果、ITの本家大元Microsoftやapple、AmazonやFacebook…etc)は全部米国から開発されています

米国のITの技術力は他国と比べて桁違いに今後も成長し、その差は圧倒的に開いていくでしょう。


総論

上記で説明したように、ITの本家大元を開発してきた米国が仮想通貨市場(ブロックチェーン)に参入してきました

今までの市場を振り返ると、DeFi(分散型金融)のプラットフォームを目指すパブリックブロックチェーン、Avalanche( アバランチ)のネイティブトークン、AVAX(アバックス)が年初から20倍。

アメリカ初のイーサキラーとして誕生した、Solana(ソラナ)のネイティブトークン、SOL(ソル)が年初から約100倍。

フィリピンの貧しい国を救済した、アクシーインフィニティのガバナンストークン、AXS(アックス)が年初から150倍。

上記のコイン(トークン)の全てが日本の取引所コインチェックビットフライヤー…etcでは取り扱っておらず、買えません

主軸が米国である今2017年のバブル期とは違い日本の取引所だけではまず勝てません

必ず海外の取引所を一つでも良いので、登録しといて下さい。

私はどの取引所よりも、Binance(バイナンス)を活用し、絶対的に信頼しています。

メールとパスワードを入力するだけですぐに登録できます



私の事。



常に最新の情報をブラッシュアップする。
>お金には「価値の保存」「価値の変換」「価値の尺度」の3つの機能がある。

お金には「価値の保存」「価値の変換」「価値の尺度」の3つの機能がある。

今多くの人が「自分の将来はどうなるのか」という不安を感じています。ここでの不安とはお金が足らなくなる事への不安です。老後にはちゃんと年金をもらえるのか、もらえたとしてもそのお金だけで死ぬまで十分に暮らしていけるのか、多くの人がそんな不安にさいなまれるようになっていますが、今現代でその悩みの解決策を国や会社に求めるのはナンセンスです。勤続年数に応じて給料が上がり、企業が定年まで難なく面倒を見てくれる時代は近い将来に終わりを告げますので、お金の不安はなるべく早い段階で解決しておかなければいけません。日本が低成長の時代に入ったのはもう何十年も昔の事です。大事なのは今ここで危機感を持つ事です。私は危機感を持つ事こそが行動する為のスタートラインだと思っています。このままお金の不安を放置していたら、「未来の自分は死んでしまう」と考えるのが正しい心構えです。表面化した自分の脆弱性を今こそ潰しておき、将来に備えることが大切なのです。 私達は「愛情」と「健康」と「お金」の3つのカテゴリーが全て揃って“真諦の幸せ”です。今すぐ行動を開始しなければ、全ての想いは全て夢物語で終わります。“真諦の幸せ”を掴むために。