健全な身体に、健全な魂は宿る。    お楽しみ下さい。

エンターテインメントに特化したブロックチェーン!これから伸びるFLOW(フロウ)について

第一のプラットフォーム

「健康×資産×時間」全てが揃って“真諦の幸せ”です。
寿命が延びる健康型プラットフォームへ

TOTAL COORDINATOR  〜3次元に降りた光の天使たち〜

第二のプラットフォーム 「健康×資産×時間」全てが揃って“真諦の幸せ”です。富が増える資産型プラットフォームへ まず始め…


まず始めに

こちらの記事は…

エンターテインメントに特化したブロックチェーン、FLOWについて知りたい方へのコンテンツです。

FLOWはゲーム、アプリ、エンターテインメント、これから更に注目されていく分野の独自のブロックチェーンです。

この記事は2分で読めるワン

FLOWの生みの親

FLOWは、Dapper Labs(株主はa16zやSamsungなど)が手掛けて開発した独自のブロックチェーンです。

Dapper LabsはCryptoKitties(クリプトキティーズ)やNBA TOP SHOT(NBAトップショット)等の人気高いアプリケーションを作り、莫大な利益や知名度を得たカナダの企業です

Dapper Labs uses the power of play to deliver blockchain-bas…

CryptoKitties

Collect and trade CryptoKitties in one of the world’s first …

NBA Top Shot

Witness history. Own the plays.…

FLOWが生まれた理由

当時のDapper Labsは3年以上に渡りCryptoKitties始め、NBA TOP SHOTなどのブロックチェーンアプリケーションをEthereum上で開発してきました。

しかしながら、Ethereum上のトランザクション性能をはじめとする課題に直面

gas代が高騰、ブロック生成が遅いなどの、スケーラビリティ問題です。

エンターテイメント向けに特化したブロックチェーンの必要性を認識した事がFlowの誕生のきっかけになったと言います

要するにだた単に、Ethereum上のスケーラビリティ問題を解決する為に生まれたのではなく、実際にEthereum上にブロックチェーンアプリケーションを開発して、実績を作っていた企業が直面した問題を解決する為にFlowが生まれました。

特化したFLOWの機能①

FLOWの特徴として主に上げられるのは、マルチロール型ノード(ノードの役割を分割)です。

ノードを分割させて、高速にトランザクションを処理できます

大きく4つに分割されていて…

①Consensus Nodes
→トランザクションの収集 

②Verification Nodes
→Execution Nodesの検証 

③Execution Nodes
→トランザクションに関連する計算を実行 

④Collection Nodes
→Dappsのデータ可用性を担保 

これを分かりやすく例えると、学校の給食当番です

おかずを添える係、ご飯を盛り付ける係、デザートを渡す係、牛乳を配る係、一人一人役割を分割する事によって流れがスムーズになります。

この仕組みと一緒で、ノードの役割を分割する事によって高速にトランザクションの処理が実現できます

特化したFLOWの機能②

FLOWは、デベロッパーに考慮した設計になっています。

基本スマートコントラクトは、ブロックチェーン上にデプロイ(展開)をしてからバグが見つかっても変更ができない設計になっています

これが原因で過去にユーザーの資金が凍結したり、資金の流出が起きています。

FLOWはその欠点を解決しています

デベロッパーが、スマートコントラクトコードをベータ状態でメインネットにデプロイできるように設計されていて、ベータ状態の間であればデベロッパーは、バグが見つかってもコードを変更することが可能です

その為、何度もベータ状態でデプロイしバグが無くなるまでコードを変更できます

バグが無くなり、コードが完了した段階で、正式にリリースする事が出来ます。

だからと言って、100%バグがなくなる訳ではありませんので注意して下さい。

Dapper Labs&FLOWの動き

①Instagram(インスタグラム )がDapper Labsと提携を発表。

あたらしい経済

インスタグラム、NBA Top ShotのDapper LabsおよびNBAと提携か インスタグラム(Instagram…


②グーグルがDapper Labsと提携し、NFTとブロックチェーンの拡大を支援。


③Dapper Labsが有名バーチャルインフルエンサーを生み出したBrudを買収。

TechCrunch

TechCrunch • Reporting on the business of technology, startu…


④ double jump.tokyoと( ダブルジャンプトウキョウ )DapperLabsが提携。

CoinDesk Japan

ブロックチェーンゲームを開発するダブルジャンプトウキョウ(double jump.tokyo)は、カナダのDapperL…


⑤NFL(全米フットボール連盟)、NFLPA(全米プロフットボールリーグ選手会)、Dapper Labsが新NFTを発表。

総論

このように今も、Dapper Labsは数多くの企業と提携したり新しいビジネスを展開しています

そこで使われてるブロックチェーンは、もちろん全てがFLOWです。

これから生き残るコインの特性は、仮想通貨の需要の本質を投機(キャピタルゲイン)から実需(私生活に定着する状態)に変えていかなければなりません

FLOWもまた、その特性に当てはまると考えられます。

Dapper Labs及びFLOWの未来にいっそう期待を高めていきたいと思います。

FLOWはバイナンスで購入できます。

私の事。

常に最新の情報をブラッシュアップする。
>お金には「価値の保存」「価値の変換」「価値の尺度」の3つの機能がある。

お金には「価値の保存」「価値の変換」「価値の尺度」の3つの機能がある。

今多くの人が「自分の将来はどうなるのか」という不安を感じています。ここでの不安とはお金が足らなくなる事への不安です。老後にはちゃんと年金をもらえるのか、もらえたとしてもそのお金だけで死ぬまで十分に暮らしていけるのか、多くの人がそんな不安にさいなまれるようになっていますが、今現代でその悩みの解決策を国や会社に求めるのはナンセンスです。勤続年数に応じて給料が上がり、企業が定年まで難なく面倒を見てくれる時代は近い将来に終わりを告げますので、お金の不安はなるべく早い段階で解決しておかなければいけません。日本が低成長の時代に入ったのはもう何十年も昔の事です。大事なのは今ここで危機感を持つ事です。私は危機感を持つ事こそが行動する為のスタートラインだと思っています。このままお金の不安を放置していたら、「未来の自分は死んでしまう」と考えるのが正しい心構えです。表面化した自分の脆弱性を今こそ潰しておき、将来に備えることが大切なのです。 私達は「愛情」と「健康」と「お金」の3つのカテゴリーが全て揃って“真諦の幸せ”です。今すぐ行動を開始しなければ、全ての想いは全て夢物語で終わります。“真諦の幸せ”を掴むために。