健全な身体に、健全な魂は宿る。    お楽しみ下さい。

大注目!コインチェックIEO第二弾!フィナンシェトークン完全分析

第一のプラットフォーム

「健康×資産×時間」全てが揃って“真諦の幸せ”です。
寿命が延びる健康型プラットフォームへ

TOTAL COORDINATOR  〜3次元に降りた光の天使たち〜

まず私達の身体は全て血管(ライフライン)で繋がっています。【1】人は血管を使って、全細胞、全臓器に赤血球では酸素と栄養を…


まず始めに

こちらの記事は…

コインチェックIEO第二弾のフィナンシェトークンについて知りたい方へのコンテンツです。

今発表されている情報でフィナンシェトークンを完全分析していきます!

この記事は2分で読めるワン

フィナンシェトークンについて

フィナンシェトークンは、イーサリアムブロックチェーン上で発行されます。

要するにイーサリアムのレイヤー2です

今回主催の株式会社フィナンシェは 、株式会社フィナンシェ上で 各スポーツクラブはトークンを発行し、ファンの方にトークンを購入してもらい、各スポーツクラブチームは資金調達をしています。

このように株式会社フィナンシェは、次世代型のクラウドファンディングプラットフォームをコア事業にしています

フィナンシェトークンは、その発行したクラブトークンやNFTなどを横串でつなげる役割を担う為に新規に発行されると言われてます

つまり、フィナンシェトークンの需要自体の構図は既に出来上がってるという事です。

このような構造的強さは中々崩れません。

自分達の力だけではなし得ない外部からの力です

これは事業構築やビジネス設計でも大事です

その役割を担うフィナンシェトークンを、コインチェックに上場させてしまうという事です。

株式会社フィナンシェは、代表取締役CEOが國光さんでアドバイザーには、HashHubの共同創業者兼CEOの平野淳也さんも居ますのでキレのあるトークノミスクになると予想できます。

フィナンシェトークンの、総発行量販売総数販売価格など細かい詳細はまだ発表されていませんが、フィナンシェトークンの需要自体の構図が既に出来上がっていますので高い確率で価格が高騰する事が予想できます

フィナンシェトークンの上場予定は2022年夏までに行うと発表されてます

また、フィナンシェトークンの総発行量、販売総数、販売価格が発表されたら価格分析をしたいと思います。

CoinDesk Japan

暗号資産(仮想通貨)取引サービス大手のコインチェックが、国内では2件目となるIEO(イニシャル・イクスチェンジ・オファリ…

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES

株式会社フィナンシェのプレスリリース(2021年11月29日 12時00分)フィナンシェとコインチェック、IEOによる資…

株式会社フィナンシェ

WEB3カンパニー株式会社フィナンシェのコーポレイトサイト。ブロックチェーン技術を利用したNFT事業やクラウドファンディ…

コインチェックIEO第一弾 PLTの発表時の分析

コインチェックIEO第一弾のPLTトークンの発表時の分析をお見せします。

【コインチェックIEO第一弾 PLTトークンの詳細】

・総発行量:1,000,000,000PLT

・販売総数:230,000,000PLT

・販売価格は1PLTあたり4.05円

販売枚数は2億3000万枚販売=9.3億円。

総発行数は10億枚なので、

1,000,000,000PLT×4.05円

=総発行時の時価総額(希薄後時価総額)

=40億5000万。

この分析により他のコインと比べると、めちゃくちゃ安い値段設定と判断ができ希薄後時価総額も、めちゃくちゃ小さいので伸びしろもあり注目度も高かったので、価格の高騰が大いに予想できました。

結果、21倍の最高値98円まで高騰しています

coincheck(コインチェック)

パレットトークン/円 (PLT/JPY) のリアルタイムの価格レートを表示しています。ビットコインの相場、値段、レートを…

ICOとIEOの違い

ICOは、プロジェクトの主催側→直接投資家へ資金調達します。

IEOは、プロジェクトの主催側→間に取引所を挟む→投資家へ資金調達します。

【IEOとICOとの違い】

・取引所が主体となって、プロジェクトの審査やトークンを販売する資金調達モデル。

・取引所側が審査から上場までをサポート。

・より信頼性を高めた状態で募集できる。

まずは日本の取引所へ登録


更に資産を増やした人は登録

私の事。

常に最新の情報をブラッシュアップする。
>お金には「価値の保存」「価値の変換」「価値の尺度」の3つの機能がある。

お金には「価値の保存」「価値の変換」「価値の尺度」の3つの機能がある。

今多くの人が「自分の将来はどうなるのか」という不安を感じています。ここでの不安とはお金が足らなくなる事への不安です。老後にはちゃんと年金をもらえるのか、もらえたとしてもそのお金だけで死ぬまで十分に暮らしていけるのか、多くの人がそんな不安にさいなまれるようになっていますが、今現代でその悩みの解決策を国や会社に求めるのはナンセンスです。勤続年数に応じて給料が上がり、企業が定年まで難なく面倒を見てくれる時代は近い将来に終わりを告げますので、お金の不安はなるべく早い段階で解決しておかなければいけません。日本が低成長の時代に入ったのはもう何十年も昔の事です。大事なのは今ここで危機感を持つ事です。私は危機感を持つ事こそが行動する為のスタートラインだと思っています。このままお金の不安を放置していたら、「未来の自分は死んでしまう」と考えるのが正しい心構えです。表面化した自分の脆弱性を今こそ潰しておき、将来に備えることが大切なのです。 私達は「愛情」と「健康」と「お金」の3つのカテゴリーが全て揃って“真諦の幸せ”です。今すぐ行動を開始しなければ、全ての想いは全て夢物語で終わります。“真諦の幸せ”を掴むために。